再びEDWIN ツールケース
職場で作業する際、
気に入った工具入れがないので
必要最小限の工具を各ポケットに入れて作業しているのですが、
得に不便ではないので、
それはそれでいいのだけどぉ、
かっこいい工具入れがないか探していたわけです。

一番かっこいいと思ったのが、EDWIN TOOL CASE。

しかしながら、
EDWINの工具入れも結局のところ、
他メーカーとデザインはほぼ一緒で、
違いはデニム生地を使っているところくらい。

一昨日も別件で帰宅前に河度マーケットシティのコメリに寄った際、
物色してる最中に思いついたのですが、
「EDWIN フラットポケット EDWH310」

「EDWIN ツールホルダー EDW-H315」
が一緒になったケースがあればいいのに〜〜〜って。
ぷんぷん。



あっ、そうだ。
フラットポケットにナイロンベルトくっ付ければいいだけジャン。
いっそのこと作っちゃお。

と言うことで、
作っちゃいました。
名づけて、
「EDWIN フラットポケットツールホルダー 5時ローspecial」
所要時間約3時間。
3ヶ所にツールホルダーを配置。
バネホックを使用。

全て
用途により取り外し可能。
一番右側は上下4段で切り分け可能。

中央はベルトの長さを変更可能。

左側は、サイドに設置。
両サイドにリング設置。

釘抜かないハンマーもこの通り。

AP 4WAY マルチラチェットレンチは中央に

やばい、縫い目がじゃまで、ちょっぴりズレてるや〜ん。

左側はAPクリップリムーブハンドルU型5時ロー改を収納。
画像では、先週たまたまAPに行った際、売り切れのはずの、
AP 3/8DR 伸縮式ラチェットハンド ルがあ〜るではあ〜りませんか。
今更必要ないけど買っちったぁ。

全付け↓

おまけ↓
リングにAP 8LED ミニワークライト&静電気取りを取り付け。

苦労した点は、
自宅にハトメ・スナップ兼用ワンタッチパンチ(4mm玉)があったので利用したところ、
ナイロンベルトに4mmでは刃が立たず&生地の端から2〜3cm位の距離しか打てない難点あり。
新たにクラフト社のホック打(大)¥475、打ち台¥378、バネホック大¥170×3を購入。
ナイロンベルト自体は取扱いが簡単。
例えば、
生地だと縫い合わせないといけないけど、
ナイロンベルトはライターで軽く溶かせばよいので
素人でも安心。
こんな感じ。

以上。
おつかれ3。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.